出版舎ジグ
jig-web 連載

アウくん、どうか一日も早く<br> 日本で大学院の学業を再開できますようにヘッダー画像

香港 あなたはどこへ向かうのか 番外編 阿古智子

アウくん、どうか一日も早く
日本で大学院の学業を再開できますように

そして2021年1月、今回の逮捕は国家安全維持法違反の容疑で、国家政権転覆を企んだ疑いがかけられていると言われています。

香港では、2020年9月6日に立法会選挙が行われる予定でした。コロナウィルスの感染拡大を理由に選挙は1年延期されましたが、民主派のさまざまなグループの中で票割れを防いだり、それぞれの候補者への支持者数を見極めたりするために、7月12日に予備選が実施され、70万人以上という予想を大幅に上回る人が投票しました。これほど多くの市民が積極的に民意を示そうとしていると、日本でも大きなニュースになりましたね。その前の2019年11月24日に行われた区議会議員選挙は投票率が71.2%という史上最高を記録し、民主派が452議席中388議席を獲得するという、圧倒的な勝利を収めました。

このことが、香港特別行政区政府を「転覆しようとした」容疑だとされているようです。
なぜ、予備選を行うことが、国家政権転覆を企てることになるのか?!

予備選は公式の選挙ではなく、その結果になんら法的な拘束力はありません。しかし、民主派の選挙戦略がうまくいけば、民主派が立法会で過半数を獲得できるかもしれません。予算案を否決するなど、重要な議事進行に支障をきたすことになれば、行政長官が辞任に追い込まれるといった事態が生じることを、中国当局は懸念しているのでしょう。

世論を見極めた上で選挙を進めたり、議会で戦略的に議論したりすることは、民主主義において当たり前のこと。しかし、中国で執政党になれるのは共産党だけです。つまり、現在の共産党政権にチャレンジし得る勢力が台頭したとすれば、それは国家政権の転覆を図ったことになる。香港の民主派勢力は、中国共産党に対抗しているととらえられたということでしょうか。香港と中国では、政府も議会も、別々に存在しているはずです。一国二制度が認めているはずの香港独自の制度は、もう存続できないということなのでしょうか。

アウくんは保釈金3万香港ドルを払い、即日保釈されました。しかし、パスポート、携帯電話、コンピューターを押収されてしまいました。国家安全維持法違反で起訴されるのかどうか、起訴された場合、裁判がどのように進行するのか。

今後どうなるのかわからないことが多いのですが、長い時間が必要であることは確かでしょう。再来日して、大学院での勉強を続けることは、しばらく見送らなければなりません。

私は最初、彼を「アウさん」と呼んでいたのですが、最近は「アウくん」と呼ぶようになりました。私の小学4年生の息子がアウくんに親しみを覚えて、「アウくん、アウくん」と盛んに呼んでいるので、私も影響されたようです。息子の質問に対し、アウくんはいつも根気強く、子どもの視点に立って答えようとしていました。

我が息子は失礼にも、「香港の刑務所はどんなご飯が出るの?日本では焼き魚や味噌汁も出るみたいだけど」なんという質問もしていました。アウくん曰く、香港の刑務所で一番美味しいのは果物のオレンジだと聞いたそうですが……。

一緒に映画館に行った時、アウくんは「ジモティ」(地元の人たちで物品をやり取りするアプリ)で買った、中古のかっこいいロードバイクに乗ってきました。息子は「かっこいい!」と感嘆の声をあげ、ロードバイクの値段から機能まで質問しまくり、地面に足がつかないにも関わらず、何度も乗せてもらっていました。

香港や中国の広東語圏で長く働いた私の大学時代の友人と食事したり、香港のことを心配しているというジャズ歌手からライブに呼んでもらったり、「孤独のグルメ」が好きだというので、アウくんのお目当てのお店をわざわざ探して、一緒に食べに行ったりもしました。

焼き肉屋・平和苑にて
2021年1月、「孤独のグルメ」に登場した中野・沼袋の焼き肉店「平和苑」にて

東日本大震災で被災された石巻のご家族から大きなホタテが届いたと、友人からお裾分けしてもらった際には、アウくんにもホタテご飯にして届けました。新年には、息子がどうしてもアウくんのために祈りたいというので、一緒に初詣にも出かけました。

香港では、いつ警察が家にやってくるかと不安におののいて生活していたアウくん。日本にいる間、とても穏やかに暮らし、いつ会っても笑顔でした。以前から決まっていた裁判の予定のため香港に帰る日が近づくと、時々不安そうな、寂しい表情も見せてはいましたが。大学院の授業に積極的に参加し、多くの本を読み、研究計画を必死で立てようとしていました。

アウくんは社会をよくしようという強い責任感を持つ、思いやりのある、爽やかな青年です。共通の友人たちは、アウくんは民主派の中でも対立するグループの意見をよく聞き、異なる意見を調整するまとめ役だと言います。彼のような橋渡しができる、愛されるキャラクターは、社会運動を建設的に行う上で実に貴重です。

アウくん、私たちは日本で待っていますよ。一日も早く、日本で大学院の学業を再開できるよう、祈りながら。
必ず帰ってきてください!

香港立法会のカフェにて
2019年12月6日、香港立法会内のカフェにて。

 

  • 写真は全て著者撮影。
  • タイトル画像は1月4日、四ツ谷の須賀神社で撮影。日本のアニメに詳しいアウくん、須賀神社横の赤い階段が、映画「君の名は。」の舞台の一つで、ファンの間で有名だと教えてくれました。

あこ ともこ 現代中国研究、社会学、比較教育学

【香港 あなたはどこへ向かうのか】 連載一覧

↑

新刊のお知らせ