フィークル村の望月えりかさん+パット・オコナーさん一家のまどから。

お知らせ・イベント情報 | 出版舎ジグ

new!イベントオンライン終了

2021年5月8日 巣ごもり!アイルランド 小さな村の暮らし

アイルランドから、オンライン・トーク!

2021 年 5 月 8 日  20:00 (Ireland 12:00)~
zoom meetingを使用したオンライン・イベントです。
視聴は無料。トーク終了は21:30頃を予定しています。

アイルランド南西部のクレア州、小さな村フィークルの一軒家。
『見飽きるほどの虹』の著者、望月えりかさんが、そのキッチンから、庭先の畑から、春真っ盛りの光と音とともにトークをお届けします。

ヨーロッパで猛威を振るう新型コロナウィルス。ソーシャル・ディスタンスにさまざまな場面のロックダウンで、あの親密な国の「密」なパブ、肩ぶつけ合う音楽セッションはどうなっているのか… ああ心配。そして、手作り上手のえりかさんの巣ごもり生活には、どんな発見や工夫が… 知りたい!

キッチンに響く音楽のお楽しみも、すこうしお届けします。

ご視聴は無料です。
お申し込みはこちら(Peatixのイベントページにすすみます)

望月えりかさんは、アイルランドの自然と暮らし、コミュニティに根付いたその音楽に惹かれ、2004年にフィークル村に移り住みました。

ミュージシャンの夫と3人の子ども達と、ただいまとても賑やか。地元の豊かさを活かしてめいっぱい、手作りする暮らし。煮たり焼いたり醸したり、紡いだり、編んだり、染めたり。

著書『見飽きるほどの虹』や、ブログ「アイルランド不定期便」で、小さな国の小さな村・フィークルでのそんな日々を発信しています。

 

空がこんなに広い緑の島、空気はたっぷり動いてるのに、密で親密なあの空間は音楽は、どうなっているのだろう(出版舎ジグも気になっています)。

 

 

↑

新刊のお知らせ